読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老害への対処法

システム開発

思いが冷めないうちに書き起こしておくことにする。時間が経つと、やっぱり書くのや〜めたってなりがちですからね、昨日のように・・・


自分の仕事のやり方が変わるほどのパラダイムシフトが起きたときに、どうすべきか。

他の分野ならば、一度身につけたスキルは早々に陳腐化することは少ないのでしょう。けど、IT分野は進歩が早いので、身につけたスキルも1年後3年後5年後10年後・・・にも適用できるとは限りません。そういう意識が(老害以外には)あるからこそ、10年泥があそこまでネガティブに捉えられたのかなとも思いますし。

では、このようなパラダイムシフトが起きたとき、どうすれば古い価値観に固執しないようになれるか。

このことに対する一つの解が、id:tonocchi氏から。

だからわれわれは老害と呼ばれる存在にならないようにしないといけない。どうやって?自分の中の情報の鮮度を新鮮に保つことで。じゃぁどうやって鮮度を保つのか。インターネットや雑誌には新鮮極まりない情報がぴちぴちしてます。そこから情報を得ればいいんじゃない?その時間をどうやって割く?意外と難しい気がする。

老害というのについて自分の考えを書いておこうかと思う - じゃばてないわー 帰国前暇つぶし編

さらに自分なりに追加するならば、話題になっているものは何事も試してみようと。少なくとも、試さないうちから「あれがダメだ、これがダメだ」というのはできるだけ無しにしようと。

だって、今までにないものだからこそ話題になっているのでしょうし、そんなものを今までと同じ発想で机上で考えていたって絶対本質をつかめっこない。自分が想像できる範囲の中だけで完結しようとして、「あぁ、これはあれと一緒だから、やる価値がないよね」と自己解釈するのがオチ。

まぁ、興味が沸いたもの全てを試すというのは非現実的なのですが、このような心構えだけは心に留めておきたいなと。


で、ご本人もしっかり断りを入れていますが、後半はまた少し別の観点から。

リンク元の後半は、ではそういういわゆる老害な人たちにどういう風に新しいものを勧めていったらいいのかを、TDDを例に挙げて説明されています。今ちょうどユニットテスト*1を周りに啓蒙しようとしているところなので、これ幸いとばかりにものすごい前のめりで読むw

TDDを調査するにしても、「TDDとはこれこれで、こういう風に開発を進めて、、こういうときにこういう効果があります。どうですすばらしいでしょう」ではだめなんです。TDD視点に偏っているから。

(中略)

要するに、「私はTDDの長所も短所も、プロジェクトに及ぼす変化も知っていますし、TDDにはこんな問題点もあります。そういったことをひっくるめて私はTDDをやるべきだと思います」的な話をする感じでしょうか。

老害というのについて自分の考えを書いておこうかと思う - じゃばてないわー 帰国前暇つぶし編

あくまで「客観的に調査・判断した上で、それでもやっぱりこっちの方が素晴らしいですよ」というスタンスを前面に出すわけですね。

やばい、まったく逆の方向性で打ち出そうとしてました・・・orz。

ユニットテストとかのメリットってやったことある人なら直感的に分かるのでしょうが、やったことのない人には伝えづらいのですよね。それならば、

最近では、ユニットテストは当然プロジェクトに取り入れるものであって、その有用性や導入可否を議論するレベルじゃないんですよ。

詳しいことが知りたければ、自分で調べるなり試すなりしてみたら実感できると思いますよ。

な感じで、ユニットテストまんせーは前提だよね?とかで逃げようと思ってたんですけどねw

うまーく噛み砕いて伝えれるように努力しましょう・・・


余談ですが、

他にも「とにかく結果を求める顧客に対してはどうするの?そんな顧客といえどもお金をくれるなら我が社は契約を結ぶ方針だよ?そういうプロジェクトではTDDはうまく機能するの?」とか言ってくるかもしれない。

老害というのについて自分の考えを書いておこうかと思う - じゃばてないわー 帰国前暇つぶし編

と言われたらどう返すべきかなぁ?(今いち分からなかったけれど、「結果だけよければいいんで、TDDとかユニットテストなんてどうでもいいよ。そんなのいらないからその分安くしてくれ。」ということ?とりあえずそういう前提で)自分だったら、

結果というのは、バグがない高品質なシステムを提供するということですよね?テストを書かないと品質はやっぱり下がるというのは、定量的にも測定されてます。

結果を最高なものにするためにも、ユニットテストの導入を強くお勧めします。

と顧客なり上の人なりに説明する…かなぁ。

*1:TDDまではちょっと先走り過ぎているのでやらない。というか、私自身まだTDDが肌にしみついていないので、うまくメリットを説明できない・・・><