読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢破れる…

この前参加したShibuya.trac以来、自分の中でTrac熱がまた盛り上がってきました。一度Trac導入にチャレンジしてダメだった以上、今のプロジェクトじゃ望み薄なのは分かっているんです。けど、BTS・ITSが使えないプロジェクトばかりじゃないでしょうし、個人的に慣れ親しんでおいて損はないでしょうから。

で、Trac熱を思い出させてくれたShibuya.tracに何か恩返しができないかと思っていたところに、meeting/03 - Shibuya.trac Wiki - SourceForge.JPで次回新年会のアナウンスが。本来ならばスピーカーとなることで恩返しがしたいのですが、仕事で導入できない以上事例も出せないですし、なかなかネタも思い浮かばず。

なので、せめて会場提供を自社でできないかと思って、ここ最近上長といろいろ交渉していました。結果は・・・叶わず・・・orz。まぁ、今まで2年半会社で過ごしてきた流れからして却下されるのは大体予想できたことなのですが、やっぱりはっきりダメと言われるとこたえますね・・・


いいんです、いいんです。会社の力を借りようとしていたことが、そもそも甘かったということですから。自分の力で何かできることを考えます・・・><