読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TracとSAPの連携

昨日の宣言通り、ちょっと自分でできることを考えました。


背景

入社してからこのかたSAP関連のプロジェクトばかり従事していますが、(私が関わった)SAPのプロジェクトではあまりプロジェクト管理が洗練されていません。理由の一つとして、SAPは単体で独立したシステムでSAP外からゴニョゴニョしにくいというのがあげられます。そのため、不便でもSAPシステム内部のものでやらざるを得ないのです。

一例をあげると、バージョン管理。SAPにも一応バージョン管理機能は搭載されているのですが、これが重くて重くて使いにくいのです。多分そういう文化もあってか、周りの人もバージョン管理をあまり信用しておらずにソース内のコメントで対応したり…(リファクタリングしたい病 - @ikikko のはてなダイアリー)。

やりたいこと

現状、バージョン管理とTracが連携できていないので、Trac導入の効果が薄い。ならば、ここを自動で連携させれば、かなりよくなるのでは?

と考えて、↓のようなことがやってみたいと思いました。

f:id:ikikko:20081102180849p:image:w600

  1. チケット編集画面で【リリース済】にチェックを入れて変更すると、SAPサーバにアクセス
  2. チケット編集時に入力した【移送依頼番号*1】をもとに、SAPサーバから今回変更があったソースコードを抽出してSubversionにコミット
  3. Trac上のリポジトリブラウザから、ソースコードの差分等を閲覧可能

実現のためのハードル

3は既存のTracの機能で既にあるので、1・2の機能が実装できれば。2のSubversionへの自動コミットも、技術的には可能でしょう。とするとやっぱり一番のハードルは、1のSAPへのアクセスができるかどうか。

参考になりそうなのは、この辺かな。


可能性としては、五分五分くらいかな。セキュリティ的にSAPサーバ側でポートを閉じている可能性も無きにしも非ずなので、最悪の場合はアプリケーション・プログラマのためのABAP入門 - 第1回 SAPアドオンを作れるABAPを体験してみよう:ITproのやつを試してみるか。ものすごく重くなりそうなので、あまり個人PCに入れたくはないのですが・・・

*1:SAP内バージョン管理でのID。subversionのリビジョン番号みたいなもの。