読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第8弾週末ランサーズで「Infrastructure as Code」をテーマに発表&ハンズオンしてきました

5/24土曜日に、ランサーズさんが開催している「週末ランサーズ」というイベントで、「Infrastructure as Code」をテーマに発表&ハンズオンしてきました。参加者の皆様、会場提供のランサーズさん、ありがとうございます!

資料

セッションの発表資料はこちら。

ハンズオンの手順はこちらです。こちらのファイルをダウンロードして展開すれば、下記の手順にのっとって試すことができます。

  1. 事前準備 / Vagrant の基礎
  2. プロビジョニング (Chef)
  3. テスト (serverspec)
  4. 継続的インテグレーション (Jenkins)

ちなみに、当日は必要なファイルやツールインストーラを、予めUSBメモリに入れておき、始まる前とか最初のセッション中にそのUSBメモリを回してコピーしてもらう方式を取ったのですが、このアイデアは @さんのVagrant体験入門ハンズオンの資料を公開します - Shin x blogパクリ インスパイアさせてもらいました。ありがとうございます!

感想

ハンズオンでは、Vagrant / Chef / serverspec / Jenkins を取り扱ったのですが、それぞれをちょっとずつ触った人はいても、全部を連携して使ってる人はそういないだろうと推測して、「各ツールの連携を実践する」というところを主題としました。参加者の方と話しても、この狙いはわりとありだったのではと思っています。その分、各ツールでやってる事自体はすごく単純で、知ってる人がやれば数分で実践できる初歩的な内容です。

ただ、タイミングが非常に悪く、nokogiriの問題でうまく Vagrantプラグインがインストールできないという人がいました。ちょうど数日前に業務中にも遭遇していたので、下記のコマンドで回避できるかと思います。(ただ、nokogiri は ruby 1.9 じゃないとすんなり入らない?あまり ruby に詳しくなくて、かつ本質的じゃないところなので深追いしてませんが。)

(sudo) gem install nokogiri -v '1.6.2.1'
export NOKOGIRI_USE_SYSTEM_LIBRARIES=true

ハンズオンの主催は初めてで、結構資料作りに苦労しました。自分の環境だけでなく、他の人の環境でも動くように考えるのは大変ですね。特に、普段使いしていない Windows とか Windows とか Windows とか。。。あとは、ハンズオンの講師が一人だけだと、参加者のフォローアップもしつつ全体の進行もしなければいけないので、かなり大変というか無茶だと分かりました。TAの方をアサインしておくべきでしたね。

その他の感想をざっくり。

参加者の方の感想ブログはお二方見つけましたが、ある程度は満足していただけたようで、一安心。


そこそこ時間かけたこともあって、今回とりあげたツールを一通り触ってみるという目的ではこの資料結構いいものができたんではないでしょうか。ほかでも使っていただければ嬉しいですし、もし他でも発表して欲しいというのがあれば乗り込みますので、@ などなどでご連絡ください!